救世神教
|
トップページ | 光明ギャラリー 神恩郷 地上天国
| 
み教えと活動 浄霊・奇蹟の体験 自然農法 いきいきライフ
|
神恩郷 地上天国
神恩郷 地上天国
| | | |
| | | |
施設と自然 冬 神恩郷のさまざまな施設の中からいくつかご紹介いたします。絵柄をクリックすると大きく表示します。 |
お祭り広場
|

「天空の庭」天之磐座の雪景色

天と地を結び、地上へと映された天空の世界?明主様の地上天国建設への大御心を映すかのような壮大な「天空の庭」が神恩郷の奥庭に広がっています。周囲の自然美とも調和して、訪れる人々を世にも珍しい石庭が、感動の世界へと誘います。
 写真は雪景に包まれる「天之磐座」。冷たく澄んだ雪氷の世界に大地のエネルギーを感じさせる巨石が、ひときわ存在感を現しています。

春のお祭り広場
|

御車奉安館とキャデラック

 御経綸の象徴であり、教団宝の一つである明主様の御愛車・キャデラックが、美しく機能的なデザインと高度な技術によって建立された「御車奉安館」に安置されています。
 写真は「御車奉安館」内でライトアップされたキャデラック。現代風の船底天井・化粧屋根裏と、「天霧の壁」と名付けられた、琳派的味わいを有する黒色プレキャストコンクリート壁柱に囲まれ、装重さを増した御車が光り輝いています。

夏のお祭り広場
|

光風亭

数寄屋建築の粋を凝らした茶室棟「光風亭」。和の文化と明主様の芸術性を体験できる場所として建設された、三畳台目の小間「偲元庵」、広間、立礼席の三棟で構成されています。
 心静かに茶の湯に触れることができると共に、四季折々の風情が私たちの目を楽しませてくれます。
 写真はエントランスからのぞむ、雪に静まる光風亭の朝。

マンリョウ(万両)
|

バラ(薔薇)- アイスバーグ

「花による天国化運動」の御教えの具現と、明主様に完全無農薬のバラをお捧げするため、約2200本のバラが植栽された、世界唯一のEMによる自然農法バラ園が神恩郷境内にあります。
 写真は「アイスバーグ」。バラ科フロリバンダ種。丸弁平咲きの四季咲き性です。花色は白ですが、気温が低いと写真のように桃色が差します。その清楚な花姿で遥拝場の神聖さに彩りを添えます。

ツバキ(椿)
|

センリョウ(千両)

 センリョウ科センリョウ属の常緑低木。マンリョウと混同して呼ばれることが多いですが、実のつき方が枝端の上に付くのがセンリョウ、葉の下に長い茎を出して付くのがマンリョウと区別は簡単です。
 正月の目出度い時期に実を付けるため、マンリョウと共に豪華な名前が付けられたとされます。
 晩秋から真冬にかけ、神教会館西の光風台奥にて、真っ赤な実を付けます。

ウメ(梅)
|

サザンカ(山茶花)

 ツバキ科の常緑小高木で、秋から冬にかけて花を開きます。若枝や葉柄には短毛があり、光沢のある葉は、だ円形で厚みがあります。八重咲・一重咲、淡紅・濃紅など園芸品種も豊富です。
 写真は仰光広場への階段を上りきった植込みに咲くサザンカ。比較的花の少ない寒い冬の境内に咲き、華やかな色彩で参拝者の目を楽しませてくれます。

カワラヒワ(川原鶸)
|

キジバト(雉鳩)

 ハト科で、全身ピンク色をおびた不思議な灰色をしています。背や翼に茶色と黒色のまだら、頸の側面に白と青と黒の細かい横縞模様があります。
 地上や横枝の上を歩き、体を左右へゆすって足早に走ります。大きい羽音を立てて飛び立ち、強い羽ばたきで、速いスピードでまっすぐに飛びます。
 スッパーポーポーアスッパパーポーとのさえずりはデデッポーと聞きなしされます。ヤマバトとも呼ばれ、神恩郷奥の里山に生息しています。

ビンズイ(便追)
|
カシラダカ(頭高)

 ホオジロ科。体長約15cm。スズメ大の鳥です。背面の色はスズメによく似ていますが、スズメよりあざやかで、頭頂の羽毛がいく分長く、冠羽状になります。冬羽は雄も雌もよく似ていて、体つきがスズメよりも細く見え、眉紋・あごの線、喉や腹面が白く、喉のへりから上胸部、脇にかけて赤褐色縦斑があります。夏羽の雄は冠羽と目先から頬へ太い黒条ができます。
 地上性で二足とび、小きざみに移動し、気ぜわしく地上よりついばみます。しばしば冠羽を立てます。
 神恩郷には冬鳥として訪れます。
 鳴き声はチッ。さえずりはピチロピチロ、ピョロピピョロピリ、ピーピョコピーピョコなど複雑で明るい声です。

アオジ(青鵐)♂
|

メジロ(目白)

 神恩郷には、陸(おか)の鳥だけで約70がいます。しかし、鳥の難点は写真に撮るのが大変難しいことです。
メジロです。「梅にウグイス」と言いますが、ウグイスは警戒心が強く、春の美しいさえずりを聞き親しんでいる割に、姿を見るのはごくまれです。梅や椿の花の蜜を吸いに来るのをよく見かけるのは、このメジロです。
 メジロは、スズメより小さな草緑色の鳥で、目のまわりの白いアイリングが目立ちます。樹上性で、2足とびでちょこまかと、枝を移動します。ツゥーとかキョキョキョと鳴き、さえずりはチーチョイ、チーチョイです。たいてい、2羽か、群れで移動します。

|
HOMEみ教えと活動浄霊・奇蹟の体験自然農法いきいきライフ神恩郷 地上天国
Copyright Miroku Community Kyusei Shinkyo all right reserved.