救世神教
|
トップページ | 神恩郷地上天国 光明ギャラリー
| 
み教えと活動 奇蹟の体験 自然農法 いきいきライフ
|
み教えと活動
み教えと活動
|
浄化作用
|

 ものに汚濁がたまりますと、それを美しくしようという働きが起こります。身体の汚れは入浴により取り除き、衣類、住宅等の汚れは洗濯や掃除によってきれいにします。空気の汚れも、風雨によって自然に浄化されます。
 人間の体内でも、日常生活の中で知らず知らずの間に、老廃物や汚物そして薬剤などの毒物が溜まってきます。そのままにしておくと、健康が害され、体にひずみが生じ、寿命も保てなくなります。そこで汚濁を掃除し、浄化しなければなりません。しかし、体内は人為的に掃除をするわけにはゆきません。この汚れがある程度に達した場合、「自然良能力」が働いて、身体をきれいにしようとする作用が起こります。これを「浄化作用」といいます。
 体内の汚物や薬毒の浄化作用が起こった場合、発熱や痛み等の苦しみを伴います。この状態を「病気」と言って、今日まで悪くなる作用として恐れてきました。しかし、これは体内の汚れをとるための浄化作用であり、病気とは身体が良くなる、浄くなる作用です。つまり浄化作用は、健全な心身となるのですから、むしろ喜ぶべきことなのです。「病とは 身魂浄むるものなれば こよなき神の恵みにぞあらむ」と明主様はおさとし下さっております。

み教えの原文へ>>
|
HOMEみ教えと活動浄霊・奇蹟の体験自然農法いきいきライフ光明ギャラリー神恩郷 地上天国
Copyright Miroku Community Kyusei Shinkyo all right reserved.