救世神教
|
トップページ | 神恩郷地上天国 光明ギャラリー
| 
み教えと活動 奇蹟の体験 自然農法 いきいきライフ
|
いきいきライフ
いきいきライフ
いきいきライフとは (1)自然にかなった食生活の五原則 (2)自然の理にかなった生活を (3)心と健康について
(3)心と健康について
|
|
|
|
|
|
VOL.1 心と健康の関連
 

―想念のあり方が健康を決める―

 明主様は、「感謝が感謝を生み不平が不平を呼ぶとはまさに真理だ。何となれば感謝の心は神に通じ、不平不満の心は悪魔に通じるからだ。この理によって常に感謝している人は自然幸福者となり、不平不満を言う人は不幸者となるのは事実だ。」とお教え下さいました。
 私たちの心のあり方が、私たちの幸福や健康の大きなポイントとなることを、しっかりと把握しましょう。

◎ 人間は、科学によって造られたものではありません。大自然の力によって生み出された生命の一つです。ですから、大自然の理にかなうことが、健康であるための一番の基本なのです。

◎ 健康とは、心が明るく生き生きとし、体に備わっている恒常性(体温、血流などを一定に保つ)が安定し、自然治癒力や免疫力が活発な状況を言います。心身両面の健康状態は、血液に一番よくあらわれます。

◎ 体は、心・想念(イメージ)に敏感に反応します。イメージに選択はありません。「〜になりたい」と思えば「〜」になります。「〜なりたくない」というイメージも、「〜」になります。

◎ 積極的・肯定的・楽観的な明るい心は、笑いにつながります。明るい心・笑いは、他の人まで明るくさせ、NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)を活性化させることが知られています。

◎ エルマ・ゲイツ(米・心理学者)の実験
 怒っている人の呼気を、−217℃の液体空気(空気を冷却圧縮して液化したもの)で冷却すると、栗茶色の物体がとれます。これをラットに注射したところ、数分間で悶死しました。
 氏の計算によれば、激しく怒っている人の1時間の呼気からは、80人を殺せるだけの猛毒が抽出できるとされています。

◎ ハンス・セリエ(オーストリア・医師)の「ストレス」(心の中の拒否―現実否定・逃避―が、健康に悪影響をおよぼす)学説
 労働を意味するWork(ワーク)は、語源となるラテン語では「苦悩」を意味しています。
 日本では、働く(はた―まわりを、楽にする)と考えました。ですから働くことは決して苦しみとはならず、人の役に立つ喜びであったのです。

◎ 篠原佳年博士(『快癒力』の著者)
 難病が癒されていく人は、病気が治ることをあきらめた人、病気であることを忘れた人、他の人のために尽くしている人(エネルギーを内向させない人)であると言われています。

◎ 人間は、人間を越えた存在(神、大自然)によって、「生かされている」と実感できた時、安らぎ・任せ・許せて、明るくなれます。

  ページトップへ  
|
HOMEみ教えと活動浄霊・奇蹟の体験自然農法|いきいきライフ光明ギャラリー神恩郷 地上天国
Copyright Miroku Community Kyusei Shinkyo all right reserved.