MC救世神教 
管長 後藤崇比古

ミロクの御世づくりへ
50周年へ新体制で臨む

管長 後藤崇比古

 救世神教は2020年に立教50周年を迎えます。三千年に一度訪れた昼の世界への進展と夜の文化の清算という只中に50年の節目を迎える本教は、2017年12月23日、第135回 明主様御聖誕感謝祭を期して「ミロクコミュニティ救世神教」(略称:MC救世神教)として、新体制で臨むこととなりました。
 私共の聖地・神恩郷は「光と農と癒しの芸術郷」です。この地を中心に、主神・明主様直流の光・浄霊と、大自然の摂理を体現する自然農法と、人間完成を求める崇高な芸術との三つが結ばれたミロクコミュニティを生み出してまいります。健全な肉体を健全な食で育み、心身共なる健康づくりを通して、皆様お一人おひとりの幸福に、より一層豊かな社会に、ひいては世界平和の実現のために真摯に取組み、人類の理想世界・ミロクの御世づくりへ、新たな気持ちで歩んでまいります。

〒514-0824 三重県津市神戸長谷3464 TEL 059-227-5105 FAX 059-227-5109

Copyright Miroku Community Kyusei Shinkyo all right reserved.